らぐなっぽいなにか

Irisたんと一晩中…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あれるぎー

起き上がったついでに自分的にメモとしても残しとく。
私は花粉症やハウスダストといったアレルギーはないのですが、薬物アレルギーだけ小4の時から発症しています。
確実に起こるのはインフルエンザワクチン。
小4と小6、各1度目の接種で発症してからは打つことを医師から止められています。
またこれが原因でBCGや日本脳炎だったかな、それらのワクチンも危険ということで接種できません。
成人してからは市販の風邪薬でもアレルギー反応が出てしまい、購入時は薬剤師さんと相談しなければいけません。

前の記事で書いたように母親も薬物アレルギーを年々悪化させていて、使える薬が少なくなっています。
消毒液から風邪薬、点眼薬まで色々あり使用してしまうと全身が爛れたり、ものによっては生命に危険を及ぼすものもあります。
なので身分証と一緒に使用できない薬のメモを常に携帯してます。
恐らく自分も同じようなもので、環境やストレスから免疫耐性を落とし続けることで薬物アレルギーを増やしているのだと思います。

そんな感じで今回、抗生物質でモロなアナフィラキシーをおこしてしまいました。
に点滴を受け、帰宅後にお饅頭1個食べて昼過ぎに抗生物質を飲みました。
点滴(これもスタートすぐから心臓が苦しかったけど寝不足や点滴のペースが若干はやいのかなと思って我慢してた)からの時間が短かったのか、きつい抗生物質なせいか気分が徐々に悪くなる。
はじめは気を紛らわせようとツイッターでやり取りをするも、夕方には椅子に座り続けるのが辛く横になる。
18時過ぎに首の周りが痒くなるものの気分が悪くそのまま再び横になる。
19時過ぎ腕に鳥肌が真っ赤になったような蕁麻疹が現れる。そこから遅いペースで全身にひろがる。
ドアチェーンもはずして貰った薬、病院からの明細やメモ、他の病院でもらっている薬、身の回りのものをカバンにつめる。
緊急連絡先を言って連絡つけられないと救急車で搬送時になかなか出発してもらえないので、会話ができなくなったとき用にメモ書き。
あまり事情や経緯を親に話せない、下手に親に負担かけると倒れられた後に自分が余計に苦労するので、知り合い優先にしたいけれど断念。
午前2時に起きるが吐き気と眩暈が悪化。蕁麻疹がまだ消えない、薄くもならない。
着替えて布団から玄関近くに少し移動。
(過去に搬送されたときは、畳二畳分の距離すらまともに移動できなかったので)
午前3時前、体温が低下して体がたまに痙攣をおこす。眩暈で意識が飛び飛びになる。
外出用に着替えて毛布とブランケットにくるまってファンヒーター強にしてはりついてても寒い。
午前4時過ぎ、人と少し会話。起き上がるのがまだ辛い。蕁麻疹は少しマシに。
午前5時過ぎ、人と会話。吐き気がまだ続くものの蕁麻疹は薄くなる。顔色と爪はまだ紫。
午前8時、起き上がれるものの心臓がまだ若干苦しい。

昨日は結局お饅頭1個食べたっきりで、これから朝の薬を飲まないといけないけど、それ用にご飯食べないとなーって状態です。
ここまで酷い状態は初めてなので(目がお岩さんみたいになって開けないとか、蕁麻疹は何度かあったけど)次に飲んだときにアナフィラキシーショックにならないかが怖いです。
けど早く良くなりたいし、ならないと生活に支障ができるので…。
せっかく早く確実に治る方法を選んだのに停滞させたら水の泡だから乗り越えないとです…。
点滴のあと止血に1時間以上かかるとか元々身体の中身があまり丈夫じゃないんですよね。
(血中の成分が足りないので止血が遅かったり、化膿しやすいです。献血にも使えなかったりします)
分かっているけど生きていくにはこの身体で働いて稼がないといけないので。

また何か症状がでたらメモろうと思います。


去年の夏に絵が描けなくなって、夏コミは散々で仕事も申し訳ないほど各方面に待っていただいてました。
ここ数年ずっと自分の限界を感じて模索していた部分があり、それでも去年は陰ながら挑戦したいことがあったので仕事の合間に進めていました。
しかしながら先の理由で絵そのものが描けず、そちらも断念。
いよいよ自分の身の置き方に対しての不安と焦り、描きたいのに描けない苛立ちとかが自分のキャパを超えました。
それまではなるべく隠して、苦痛に思いながらも言わずに絵を描いて、少しでも元に戻せるようもがいてました。
ほかの事で気を紛らわせたり、仕事や生活の不安を人に話すのは元々嫌いだからなるべく明るくしていたいと思いました。
そこを抑えるせいで他の事で感情的になってしまい結局、いい結果も無く根本的解決もできず悪循環もしていましたが…。

今年はそういった抑えが限界な上、今回のことがあって、これでへらへらできたら只のバカだろって感じに沈んでます。
ずっと本来の軌道にあった絵一本で頑張る方向に早く戻したいというのが一番の希望です。
ただお正月に絵を描いてみて、自分の現状ではまだ厳しいことが分かり一層落ち込んでしまいました。
どう思っても生きていくなら稼がないといけないし、絵を続けるにしても辞めるにしても世間的に厳しい部分があり出来ることも限られています。

それでも去年だめだった挑戦したいことも含め、絵だけで稼いでいきたいと今すごく思います。
簡単なことではないし、自分を元に戻す過程だって去年以上に辛いことになると分かっています。
描くのも前の何倍もかかるし作業そのものも1人でやる分、平穏だった頃の何倍もストレスを抱えます。
感情の拠り所なく1人で乗り越えられる自信がなくて、がんばれとだけ言われても頑張りきれなくなってました。

強くなるのは無理だけど心を冷たくするのはできます。
けどそれをしたら楽しいとか好きとかそういう部分も抑えるか消すかになって、ちゃんと向き合えなくなる寂しさや失礼な事をする悲しさがあって踏ん切りつかないです。
きっとぜんぶ正解がとれるけど、それはもう自分じゃないです。

いいことも悪いこともぜんぶ閉じ込めて、1人で向き合って最後までやってみるのが今の一番の正解なのかもしれません。
頼りながらそこに行き着けるよう頑張りたかったけど、やはり誰の負担にもならず絵を描く環境を取り戻さないといけないみたいです。
焦っていいことはないけど、食っていくか死ぬかしかないから焦るしかない。
少しでも世間様にとって自分の絵が需要あればありがたいです。ないと頑張ったって食えないですしね。

| その他 | 09:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jelly2fish.blog56.fc2.com/tb.php/392-3f15f1e3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。