らぐなっぽいなにか

Irisたんと一晩中…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

古今東西ソース煎餅

ここ何回かの日記で書いてますが自分は学生時代と会社員のちょっとを大阪で過ごしました。
ガッツリ関西で育ったわけですが、関西に居たときからあまり関西弁が話せませんでした。
父親が大阪、母親が千葉の人だった事や家庭事情で関東寄りの生活だったからかもしれません。
料理もこっちは関西のが好き、こっちは関東のがいい、といったものがあります。
(うどんと粉物へのこだわりは恐らく関西の気風に影響された性だと思います)

この前や別のときに彼と屋台巡りをしていたのですが、そのときの話。
彼のほうは生粋の関東人です。

彼が「ソース煎餅食べたい」というので着いていきました。
関西でソース煎餅というと楕円型の大きい赤いエビセンにソースと青海苔ふった物です。
自分は実際に食べたことはないのですが、美味しそうだなーと常日頃から思っていました。

が…行った屋台でみたものは別物でした。
お金を渡して、ピンボールみたいな機械でボールを弾き数字の書かれた穴に入れる。
ボールの入った穴の分だけ煎餅がもらえるシステムらしい。

数字は50とか100とかもあって「顔よりでかいエビセン100枚とか業者か!」とビックリしてみてたら15枚のところにボールが…。
「え…3枚でもお腹いっぱいになりそうなのに15枚とかどうすんのwwwwwwwww」
と見ていたら…出てきたのは鹿せんべいみたいな薄くて白い小さい物体。
屋台のおばちゃんがソース塗っては重ねを手早く繰り返し、まとまったものを渡してきました。

喜んで食べてるのを酷い顔で見るぼく…。
どうみても鹿せんべいか鯉のエサを平たくしたものに見える…。
とりあえず、ソース煎餅について力説するも彼にとってのソース煎餅はコレだという。
どんなに探しても自分の知っているソース煎餅を売る店がないので説明できない。
(そもそもソース煎餅はガムの型抜きとかの的屋が残念賞でくれたり、ついでに売っていたもので独立した店ではなかった気もする…)

まさかこんなに違うものがあったとは…といった感じでした。
どうやら東日本や中部地方ではこの白い煎餅がメジャーらしいですが、エビセンは希少種なのかなあ…。
あっちのほうがぜったい美味しいと思うんだけど…。

同じ土地にずっと居ると知らないでいる事もたくさんあるけど、根無し草で転々としたりするのも色々と知れて悪くはないですね。

たこ焼の話は長くなったから折りたたみました。

----------
DL版『あるクリエ娘の受難』委託開始しました。(前作『あるケミ娘の受難』もヨロシクです)

虎の穴 ダウンロードストアでの委託はコチラ

とらのあな様にて『びたなる2』 『彩悪+秘跡セット』委託中です。
合同誌『Roppai2』も委託中です。




おまけ
「関西の人はお祭りでもたこ焼きを食べるのか?」

完全なNOとはいえないまでも、わざわざ食べるものでもない。です。
関西にいると普通にスーパーの前とか、車で路上駐車して販売しているお店に定期的に遭遇します。
店舗もあるし、ちょっと大きめのスーパーのフードコートでもチェーン店ではないお店が入っていたりもします。
ウチにはなかったですが、本当に高確率でたこ焼きの鉄板がご家庭にあります。
なのでお祭りの屋台で食べるものではないんですよね(*'×')
基本的に何時何処で食べてもおいしいたこ焼きであることが当たり前だし、そっちのほうが安かったりもするので…。

余談ですが昔、通学路にたこ焼屋さんの車がよく来ている時があって美味しいと仲間内で評判になりよく帰りに買っていました。
ある日友達が家族に話したら「食べてみたい」と言われたらしく、タッパ持参で「持ち帰るから、ここに入れて欲しい」と大量に買って帰ってました。
あの発想は衝撃的で忘れられません。

ちなみに関東で「関西風大タコ」とか見るけど、関西で言うところの大タコはたこ焼自体のサイズじゃなくて普通かちょっと大きめのたこ焼に大きく切ったタコが入っているものです。
もっさりデッカイたこ焼は創作です。
あと関西だとたこ焼の派閥?は「○○風」とかじゃなくて「○○流」。
甲賀流とか忍者みたいなのもあって面白いです。

あと…関東で食べるたこ焼が関西人に受け入れられない最大の理由は生地の水加減にあります。
関西のたこ焼生地はすごいシャバシャバ。
これが外はカリっと中は火が通っているけどトロトロになる理由。
ただしコレはひっくり返しにくい。
(自分で焼いて食べるお店でも容赦なくこのシャバシャバ生地が出てくるので初心者は大変だったりします)
恐らくバイトとかそれを生業にしていない人でも作れるようにだと思いますが、ちゃんとしたレシピではあんなモッサリした生地にはなりません。
あと外をカリカリにするのにわざと油多めにして揚げてるみたいのもあるけど、あれはもう別物です…。

| その他 | 04:39 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

鹿せんべいとはw

私も関東育ちなのでソースせんべいと言えば薄いあれでした。
関西では違うのにびっくり(;゚Д゚)
ソースの他に梅ジャムとか塗ったりしてました(*´δ`*)うまい

そういえば「大阪焼き」って大半焼きの中がお好み焼きの具ってのもあったけど関西の人に聞いたらそんなんないよと言われた事もありました!

あとシーのおススメが好評みたいでよかったー!(今更
TobT乗れたんですね! 私は絶対無理だ…TNKキュってする…(無いけど。

| 猫子 | 2012/05/22 18:16 | URL | ≫ EDIT

せんべい!

もしかすると…えびみりんせんべいの大判小判の形状でサイズがまな板っぽいのですね!
最近の駄菓子屋さんではあまり見かけない形状になってます^-^;;

その昔、その楕円形のせんべいを飴垂らして、絵柄をお絵かきして、仁丹を上から降りかけて絵柄を浮き出させる出店もありましたよ~ん。

ソースせんべいとか言ってもベースは白くて甘みがあるミルクせんべいっぽいので
梅・ミルク・チョコ・ウスターソース・オレンジジャムなど種類豊富ですよ~。
甘みのある練乳ミルクが個人的にはおいしいです(*'ー'*)

| 鬼嫁せんち | 2012/05/26 00:10 | URL |

>猫子ちゃん
関東の人はあれが馴染みのお煎餅なんですねぇ。
塗るソースは確かに何種類かあった。
大阪焼きは創作料理なので…。
ほとんど見ないですが、関西ではベビーカステラに似たもので「ちん○ん焼き」っていうのがあります…。

シーは綺麗だし楽しかったー(*´д`*)
マジックランプは最前列で見れて迫力あったし、亀の客いじりも面白かった!ありがとうー。
ToTは無理と思っていたけど「シーの売りなんでしょ?」と言って乗ってくれました。
予想より多く落ちて上がってして楽しかった゚・*:.。..。.:*・゜(*´∀`)。. .。.:*・゜゚・*

>せんちさん
はい。でかいえびせんですー。
というかソレしか関西にはないです…。

塗るソースは皆さんそれぞれ好みが千差万別なんですねー。

最近は韓国フードやB級グルメっぽい屋台も増えましたが、昔ながらの食べ物や金魚すくいがあると気分が盛り上がりますね(*´д`)
人が多いのは苦手ですが、これからのお祭りの季節また何処かで屋台周れたらイイナーと思ってます。

| あやせ | 2012/05/27 17:36 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jelly2fish.blog56.fc2.com/tb.php/423-30453063

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。