らぐなっぽいなにか

Irisたんと一晩中…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

閑話休題

ぼくがひんぬーでがりだった時代、新体操なんぞしてました。
バレエを家庭の事情で諦めて、未練があったときに出会って「これだっ」とハマたのでした。
大好きだったけれど「全日本レベルじゃないと将来それで食べていけないでしょ」という親の言葉もあったし、将来はゲーム会社に勤めたかったので高1でフロアから去りました。
県クラスなら編入してうちの学校の部でやれって言ってもらえるだけの実力はあったんですけどね。
スポーツで生き残るって難しい。

学生の間は続けたかったとか、公式試合に出るための選手登録を薦められたのを断って辞めたせいで未練があってずーっとTVとかでも試合を観れなくなりました。
流石にここ何年かは機会があれば観れるくらいにはなったのですが、今は採点をしやすくする為かルールが自分の頃とガラリと変わってしまって…好みではないです。

どんなものにも懐古厨っているものですね。

ぼく的に新体操という表現力と技の協演が生み出す美の真髄は80年代のブルガリア、ロシアの描いていたものです。
特にブルガリアのビアンカ・パノバはぼくの理想であり、頂点でした。
その中でも88年のリボンと輪の演技は革命的でした。




この2つとオリンピックの予選で失敗したクラブ演技は今でも涙してしまいます。

どこが?とか何が?って人がほとんどだと思いますが、ぼくは昨日から何度も見て何度も泣いてます。
エロ本の原稿描かないといけないのに、心が洗われてしまうのはどうかと思いますが…。
ある意味そうして過ごすことが今はいいのかなとか。

自分の子供がいたらが理想だけど、周りの子でも女の子にはこういう習い事に興味を持ったら薦めてあげたいなあと思います。
選手としての練習時間とは別に下の子の練習をみたり、簡単な演技を作ってた事があったけど楽しかったなあ。

----------
夏コミ新刊予約中です→ 『マサブマスの受難』
DL版『あるクリエ娘の受難』委託開始しました。(前作『あるケミ娘の受難』もヨロシクです)

虎の穴 ダウンロードストアでの委託はコチラ

とらのあな様にて『びたなる2』 『彩悪+秘跡セット』委託中です。
合同誌『Roppai2』も委託中です。

| その他 | 07:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jelly2fish.blog56.fc2.com/tb.php/433-8557a170

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。